メッセージアプリ、はじめて使う場合の初期設定

メッセージ
iphoneのアプリは何も設定しなくてもいきなり動いてしまうアプリが多いのですが、このメッセージアプリはちょっと違います。いきなりはじめずにこの設定をしてからおこないます。
/wp-content/uploads/2020/12/message_app_banner.png photo
メッセージアプリ
初期設定

はじめて使う場合の設定項目

メッセージアプリをはじめて使う場合、以下のものを設定できます。特に必須なものと要設定の項目は、この記事に後半に設定方法を記述しています。(赤字注釈のある項目はリンク項目です。クリックするとその項目にジャンプできます)

メッセージアプリ設定項目

上記各項目の説明です。

iMessageをオン - これはメッセージアプリには必ず必要な設定です。

送受信 - ここでは送信に使うメールアドレスの設定と、新規チャットの相手にApple IDが漏れないようにチェックをはずします。

名前と写真を共有 - 自分の名前と写真を設定します。

連絡先の写真を選ぶ - メッセージで連絡先の写真を表示します。

開封証明を送信 - メッセージを見たかどうかを相手に知らせます。必要に応じてどちらかを設定しましょう。

SMSで送信 - iMessageは、他社のSMSやMMSと相互利用が可能なので、もしiMessageで送れない相手に対してはSMSを使用することで、送信範囲を広げます

件名欄を表示 - MMSでメッセージに件名をつける場合に使用します

文字数 - 入力文字数(SMS等文字数で料金が変わります)を表示する

着信拒否設定 - 着信拒否したい相手を登録しておきます。

メッセージの保存期間を選ぶ - iMessageは、一定期間後にメッセージを自動消去できます。自動消去する期間もしくは自動消去しないように設定します

自分に通知 - チャットの通知が非表示にされている場合でも、名前が言及されたときに通知を受け取ります

不明な差出人をフィルタ - 連絡先に含まれていない人からのメッセージを別のリストに並び替えます

オーディオ/ビデオメッセージの有効期間を選ぶ - メッセージに添付した音声はデフォルトで2分後に消去してしまいます。消去しないように設定することができます。

耳にあてて聴く - 電話を耳にあてるだけで簡単にオーディオメッセージを再生して返信できます

低解像度モード - 低解像度でイメージを送信します

以下に、一通りの設定をした画面を掲載しておきますので、参考にしてください。

メッセージアプリ設定

メッセージアプリ設定

iMessageをオンにする(必須)

これが一番大事です。設定画面を開いてiMessageをオンにして、次項の送受信の設定でiMessageに使うメールアドレスの設定してください。このスイッチをオンにしないと、iMessageが動きません。

ホーム画面で設定アイコンをタップし、設定画面が起動したら図のように下方向に少しスクロールし、”メッセージ”を見つけてこれをタップします。
messageapp_init-01.jpeg photo
メッセージをタップ
現在iMessage横のスライドスイッチがオフになっていますが、これを右にスライドしオンにします。
"iMessageのスライドをオンに"を説明する図
iMessageのスライドをオンに
オンにするとアップルサーバーと通信が発生し、図のように“アクティベート中です”と表示が変わりますが、この処理には時間がかかる場合があります。公式サイトによると最大24時間かかる場合もあるようです。私の場合は、一度登録済みですので2〜3秒ほどで完了します。
"アクティブ中の表示"を説明する図
アクティブ中の表示

送受信の設定(必須)

“アクティベート中です”の表示がかわったら、送受信というラベルの右側をタップ(たぶん電話番号が表示されているハズです)し、Apple IDの登録をおこないます。登録済みの場合は、図のとおり”2件のアドレス”という表示になっています。
"アクティベートが完了した状態"を説明する図
アクティベートが完了した状態
“IMESSAGEにAPPLE IDを使用”というメニューが表示されると思いますので、これをタップし、使用するAPPLE IDの登録をおこなってください。
"AppleIDの登録"を説明する図
AppleIDの登録
“以下の連絡先とiMessageの送受信が出来ます”のところに今登録したApple IDが表示されれば無事設定は終了です。なお、図の通り新規チャットの相手に対してはメールアドレスのところのチェックははずしましょう
messageapp_init-01c.jpeg photo

エラーとなってうまく設定できない場合

アクティベート中の表示のまま、またはアクティベートでエラーが発生する場合

iMessageのスライドスイッチをオンにするところ(図3~4)で、エラーとなっていませんか?

以前、このエラーの関連記事を書いたことがありますが、人によってはいつまで経っても上記のアクティベート中の表示が消えない場合があります。また下記のような他のエラーが発生する場合もあります。

  • アクティベーション中
  • アクティベートできませんでした。
  • アクティベーション中にエラーが起きました。
  • サインインできませんでした。ネットワーク接続を確認して、やり直してください。
  • iMessage サーバに接続できません。やり直してください。

そのような場合は、以下の2点を確認してください。

  1. モバイルデータ通信またはWiFiに接続されていること
  2. iPhoneなど対象のデバイスの日付が正しいこと

その後、一旦iMessageとFaceTimeの両方の設定をオフにしてから、デバイスを再起動して確かめる。
それでもエラーが発生する場合は以下の関連記事を参照してください。


開封証明を送信(要設定項目)

受信したメッセージを開封したときに開封したことを通知します(iMessageどうしの場合)。この設定はオンにした方が親切です。

図の通り、メッセージ設定トップにある”開封証明を送信”右端のスライドスイッチをオンにするだけです。
messageapp_init-09.jpeg photo

SMSで送信(要設定項目)

iMessageは、アップル製品専用のメッセージアプリですが、他社スマートフォンや携帯の場合には、SMSやMMSを使って送信することができます。ただこれも以下のように”SMSで送信”がオンになっていなければなりません。

メッセージ設定トップより画面中ほどにある”SMSで送信”の右端のスライドスイッチを変更します。
"SMSで送信のスライドスイッチを変更"を説明する図
SMSで送信のスライドスイッチを変更
画面のとおり”SMSで送信”のスライドスイッチをオンにします。
"スライドスイッチをオンに"を説明する図
スライドスイッチをオンに

メッセージの保存期間(要設定項目)

メッセージを自動消去せずに残しておきたい場合に設定します。

メッセージ設定トップ画面を少し下にスクロールし、”メッセージの保存期間”という眼メニューが表示されたらこれをタップします。
messageapp_init-10.jpeg photo
次に表示されたパネルから、いずれかの設定値を選択してください。
messageapp_init-11.jpeg photo
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました