googleフォトをパソコンなどのローカルにダウンロードする方法

iPhone豆知識広場
googleフォトがいよいよ本年6月より有料化される。いままで無料で保存されていたiphoneやスマートフォンの写真はいままでのようにはいかなくなる。これを機にgoogle依存ではなく、パソコンの外付けディスクなどにバックアップしたいユーザー向けにその方法を調べましたのでご利用ください。

Googleフォトデータをダウンロードする

googleの個人アカウントにはいろんなデータが保存されており、これを”googleデータエクスポート”という機能でダウンロードすることができます。今回はこの機能を使って、Googleフォトデータをダウンロードしようとおもう。

l今回やることの概要
googleアカウント画面を起動し、”データとカスタマイズ”にある”データのダウンロード、削除、プランの作成”セクション内の”データをダウンロード”というボタンにておこなう。ダウンロードデータとしてGoogleフォトを選択し、アルバム毎にダウンロードすることも一括でダウンロードすすることもできる。ここで選択したデータはGoogleによって自動的にZip等のファイルに圧縮され、ダウンロードの準備が可能になるとメールにてダウンロードファイルへのリンクが配信されるので、ユーザはこのリンクをクリックするとローカルに持ってくることができます。

さて、その手順を以下に示します。以下の手順はwindows等のパソコンでおこないます。

ダウンロード手順

パソコンでGmail等のGoogleアプリケーションを所定のWebブラウザで開きます。以下は私が使っているChromeブラウザの画面表示となります。

Googleアカウント管理画面

ブラウザ右上にある自分のアイコンをクリックし、表示されたメニューからGoogleアカウントを管理ボタンをクリック(下図②の手順)。画面が切り替わり左側にあるメニュー一覧から”データとカスタマイズ”ボタンをクリック(下図③の手順)。データとカスタマイズ画面が表示されたら画面を下方向にスクロールし”データのダウンロード、削除、プラン作成”を見つけてください(下図④の手順)。

"手順①から④まで"を説明する図
手順①から④まで

”データをダウンロード”を選択

データをダウンロードリンクをクリック(下図⑤の手順)し、googleエクスポート画面を表示してください。

"手順⑤"を説明する図
“手順⑤”

Googleフォトとエクスポートデータの選択

データエクスポート画面が表示されたら、すべてのエクスポートデータにチェックされていますので、一旦”選択をすべて解除”をクリックしチェックをはずします(下図⑦の手順)。次に画面を下方向にスクロール(下図⑧の手順)し”Googleフォト”を見つけてください。

"手順⑥から⑧まで"を説明する図
手順⑥から⑧まで

一番右にあるボックスにチェックをいれ(下図⑨の手順)、次にすべてのアルバムをダウンロードするか個別にダウンロードするかを選択するため、”すべてのフォトアルバムが含まれます”というリンクをクリックし、必要であれば次画面のようにダウンロードするアルバムのみにチェックをいれることができます。

"手順⑨と⑩"を説明する図
手順⑨と⑩

ダウンロードしたいアルバムにチェックを入れましょう(下図⑫の手順)。画面下部にあるOKボタンで前にもどってください。

"手順⑫を説明する図
手順⑫

画面最下部に、”次のステップ”というボタンがありますので、これをクリックしてください(下図⑭の手順)。

"手順⑬と⑭"を説明する図
手順⑬と⑭

ダウンロードファイル詳細の設定

いよいよ最後のステップです。

ここではダウンロードファイルの詳細を設定します。設定項目は、どのクラウドにダウンロードファイルを作成するか、Googleドライブの他、DropBoxやマイクロソフトのone driveにも作成することができます。どのような圧縮形式にするか、またダウンロードファイルはサイズを決め複数のダウンロードファイルに分割することが可能です。

これらの設定をここでおこないます。

どのクラウドに作成するかは、中央にある”ダウンロードファイルをメールで送信”(ちょっと意味が分かりずらいボタン名ですが)というリンクをクリック(下図⑮の手順)してクラウドを選択してください(下図⑯の手順)。以下の画面では選択するクラウドドライブ名でかくされていますが、その下に作成頻度として、1回エクスポート/1年間2ヶ月のエクスポートのメニューがありますので、必要に応じてどちらか選択してください(下図⑰の手順)。ファイルのサイズと形式では、もしWindowsパソコンをお使いであればZIPのままで良いでしょう。ダウンロードファイルの分割サイズを決めてください(下図⑱の手順)。

ダウンロードのファイルサイズは最大50GBまで設定できますが、ファイルサイズが大きいとそれだけダウンロードに時間がかかります。お使いのネット環境に応じて設定しましょう。

"手順⑮から⑲まで"を説明する図
手順⑮から⑲(最後)まで

これですべての設定が完了です。最後の”エクスポートを作成”ボタンをクリックして、メールが来るまで待ちましょう。

Googleによって作成するダウンロードファイルの準備が完了するとメールにダウンロードファイルへのリンクが配信されますので、このリンクでパソコンのローカル環境にダウンロードしてください。

以上

\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました