ipadユーザがそろえたいusbケーブルおよびアクセサリー

アクセサリー

usb-cポートのipadユーザがそろえたいusbケーブルとアクセサリーを紹介。

これだけ揃えたいusbケーブル

充電やデータ転送のための端子がlighningからusb-cに変わったipad。いままでlighningケーブルだったのがusb-cケーブルを揃えていかなければならない。そんなとき困ったのがusbケーブル選び。usbの端子形状や給電やデータ転送のusb規格などいろいろ知らないといけないことが多い。私と同様、どんなケーブルを揃えたらいいのか。私が選んだUSBケーブルベストセレクション。

USBコネクターの種類

ケーブルを購入する場合、まず目に付くのがUSBコネクターの形状。usb意コネクタには以下のような形状のコネクタがあります。

usb_terminal.jpg photo

なお、USBの詳細な規格などの説明は別途資料を用意しました。こちらの記事も参考にしてください。

usbケーブルに適用される規格
パソコンまたはスマートフォンと周辺機器を接続するために使われるケーブルのうちでもっとも便利に使えるのがUSBケーブルです。その他の接続用のケーブルとしてはAC電源ケーブル、ディスプレイケーブル、オーディオケーブルくらいで、今やこれらのほと...

必要なケーブル類

これらの機器を接続するために,必要なケーブル類は以下のとおりとなります。

USBケーブル編

まず個別のケーブルを検討する前に、私が必要であろうと考えるケーブルの一覧が下記。必要に応じてこれらの説明を加えでいきます。

端子端子説明
USB-AMicro USB-BAndroidスマートフォンの充電やデータ転送用
USB-CUSB-CMac/iPad Pro/iPad Air4の高速充電やデータ転送用
USB-CLightningiPhone高速充電用
USB-AMini USB-B(購入に至らず)
USB-AUSB-CUSB-C
USB-AUSB-A(メス)USB延長ケーブル
USB-AlightningiPhoneの充電やデータ転送用
USB-AlightningiPhoneの充電やデータ転送用
lightninglightningApple同梱ケーブル

USB-A ー Micro USB-B ケーブル

Androidスマートフォンにも使用するケーブルですが、iphoneユーザ-の私は、小型機器の充電用のために使っています。私が購入したのは、Rampow Micro USB ケーブル2m、価格は594円。直径は3.9ミリ、太い部類のケーブルですが、思ったよりもしなやかで、取り回しは良い。長さが長さなのでこれで固めのケーブルだと結構邪魔になります。

実際の用途:携帯用のモバイルライトの充電、電子手帳の充電、モバイルバッテリーの充電

USB-CUSB-C ケーブル

iPad Air4に同梱されていますが、iPadにつないだ時にどうしても直線で出っ張っているのが、邪魔だし不安なのでL字型でクールなケーブルを探した。ケーブル直径は3.6ミリ長さはこれも2Mで価格は748円。普通の太さですが、若干固めのケーブル。USB PD対応で60W/3Aで急速充電、データ転送はUSB2.0で480Mbps。データ転送速度はやや遅め。思った通りL字ケーブルは机でもベットサイドでも邪魔にならずすごくコンパクトにまとまってすっきりしています。

実際の用途:iPad充電用、ディスク版iTunes接続

USB-C - lightningケーブル

これも上記とあわせてL字型のコネクタの長めのケーブルを購入。ケーブルはかなり太い。直径は4.4ミリ、長さは2m、価格は899円。見た目ほど硬くはないが決して柔らかくはない。MFI(Made For iPhone/iPad)認定で安心だが、iPhone充電専用なのでもう少し細いケーブルがあれば良かったかも。

用途:iPhone充電専用

USB-A -USB-Cケーブル

今後のUSB-C用途の拡大を考えて、パソコンにもつながる汎用的なUSB-Cケーブルを用意。外付けのモバイルHDD/SDD接続にも使える。長短3本セット(0.3m/1m/2m)で直径は4.2ミリ、しっかりと硬いケーブル。価格は1099円。QC(Quick Charge)3.0急速充電、USB3.0高速データ転送対応。もっぱら短めのケーブルでモバイルHDD/SDDケース接続なので、USB3.0高速データ転送ケーブルを選んでみた。

用途:モバイルHDD/SDDケース接続

アダプター編

今回USB-C用途を考えて、対応ケーブル4種を追加購入しましたが、あると便利なのが変換アダプター。これがあれば、既存のケーブル対応やどうしても緊急用途でもう1本欲しい場合に有効活用できます。購入したのは、下記の2種の変換アダプター。

USB-C to USB-A変換アダプター

汎用のUSB-A製品をiPadに接続出来るようになります。USB-AとUSB-Cはもともと相性はよく、単純に変換してくれるので、ケーブルさえ対応していれば充電規格もデータ転送のUSB規格もストレートに変換してくれるのでなにも難しく考えることはないです。もっぱら価格を安いものをさがしてみた。キーチェーン付きなど紛失防止機能も検討したいが、接続場所によっては隣のケーブルとの干渉もあるので注意した。これさえあれば、USB-C - USB-CケーブがUSB-A汎用ケーブルに早変わり。パソコンに接続出来るようになって超便利。

30分で50%の充電が可能。

lightning to USB-C変換アダプター

これがあれば、新しいiPad用充電器でもiPhoneに高速充電が可能。iPhone8以降の機種であれば

USBハブ編

USB-Cハブ

iPadユーザであれば複数の機器を接続することになります。たとえば、キーボードとマウス、外部ディスプレイ、SDカードやモバイルハードディスクなど。そんな時に便利なのがUSBハブ。これがあれば、iPadのUSB-Cポートに複数の機器が同時に接続できます。USBハブを選択する場合は、拡張できるUSBポートの種類と数、HDMI等の外部ディスプレイ出力、有線LAN接続などじれらに組み合わせの多数の製品が販売されています。自分にあったものを探しましょう。私の場合は、USBポートの拡張とHDMI出力およびUSB-Cポートによる同時給電機能がある下記のハブを選択しました。価格は通常4000円以上する同等のハブを2,199円と大変リーズナブルに購入できました。すべてのポートの出力を確認しましたが完璧に動作しています。

USB-A セルフパワーハブ

当記事の今回の企画USB-Cケーブルの紹介と異なりますが、あえて紹介しましょう。USB-Cポートは接続される周辺機器側への給電能力が高いものとなりますが、同様にlightningポートの給電能力は非力です。どういうことがというと、USB-Cポートにはバスパワーだけでもモバイルハードディスクなど消費電力の高いデバイスでも接続可能ですが、lightningポートは、稼働部分のないSDカードやUSBメモリーしか接続することができません。非力なlightningポートはモバイルハードディスクなどを接続すると電力不足のため、デバイスを認識しないまたは動作不安定の原因になります。そんな時に役立つのがハブ自体に自前で電源を供給できるセルフパワー型のハブです。もしlighningハブで同様の悩みを抱えている場合は、下記のUSB-Aセルフパワーハブを中間にかませてみてください。きっとうまくいくはずです。

ケーブルを一気に整理・整頓【 番外編】

usbケーブルを検索中にであった逸品がこれ。ディスク回りの煩雑なケーブルが一気に整理される。充電器メーカーで有名はAnker社の製品。マグネットで使い終わったケーブルを吸着できる優れもの。

\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました