usbケーブルに適用される規格

アクセサリー

パソコンまたはスマートフォンと周辺機器を接続するために使われるケーブルのうちでもっとも便利に使えるのがUSBケーブルです。その他の接続用のケーブルとしてはAC電源ケーブル、ディスプレイケーブル、オーディオケーブルくらいで、今やこれらのほとんどのケーブルもUSBケーブルでまかなうことができます。ただ、USBケーブルを購入するとした場合に必要となる知識野中で、今回は規格についてお話します。

USBケーブルが出現する前、接続する機器ごとに専用がケーブルが使われていましたが、1998年最初のUSB1.1が電源とデータ転送の規格として制定されてから現在の3.1までどんどんと進化しいます。バージョンとして3.2や4.0なども存在しますが、まだ正式なものではなく、一部のメーカーが先行して採用している程度で、3.1までおさえておけば大丈夫でしょう。また最近にわかにはやってきた充電専用のUSB PowerDeliveryもついても言及します。

また、これらの規格と一緒に必要なのがUSBコネクタです。これらをゆっくりとみていきます。

電源、転送速度の規格

USB1.1

1998年に発表。データ転送速度は最大12Mbps。

USB2.0

2000年4月に発表。データ転送速度は480Mbps。現在もっとも広く普及。

USB3.0

2008年に発表。転送速度が向上。最大5Gbps。対応製品にはUSB3.0と明記される。

USB3.1

2013年に発表。USB3.1には2バージョンがある。USB3.0と同等の転送速度が5GbpsのUSB3.1(Gen1)と転送速度が2倍の10GbpsのUSB3.1(Gen2)。

USB3.2

転送速度は、最大20Gbps。発表は2017年。

USB4

転送速度は、最大40Gbps。

USB3.0かどうかを区別したい?

USB type-Aを区別するには、USB3.0以上はコネクタ内部が青色である。USB type-BはUSB3.0以前と以後でコネクタ形状が異なる。ケーブルを区別するには、端子にSSと記載されているケーブルはUSB3.0対応品である(対応製品でマークの記載のないものもあるので注意)。

充電専用の規格

先に紹介したUSB1.1から4までの規格に対して、充電専用のUSB PowerDelivery、略してUSB PDがあります。先に述べたように、AC電源コードを使わなくても、100Wの電力供給が可能である。業界として今後これに統一していくので、充電の場合の重要な規格となります。

様々な端子形状

usbケーブルはその接続される周辺機器の多さから、いろいろな端子形状があります。逆に端子形状で接続機器の種類を特定している面もあります。

USB type-A

パソコンやコンピュータなどのホスト機器側に設けられたusbコネクタ。もっとも一般的な形状です。

usb_a.jpg photo

USB type-B

プリンタやスキャナなどパソコン以外の周辺機器側のusbコネクタ。この形状のコネクタの派生型で、後述するmicroBやminiBもある。

usb_b.jpg photo

USB type-C

usbの最新の規格のusbコネクタで、パソコン、周辺機器の区別なく使用できる。また同時に、給電電力(最大100W)やデータ転送速度(最大40Gbps)などこれまでより飛躍的に向上させられる。

usb_c.jpg photo

Micro USB type-B

もっとも小型化したusbコネクタで、Androidスマートフォンやバッテリー、懐中電灯、イヤフォンなど比較的身近に機器に多くみることができる。

左図:USB3.0以前の形状、右図:USB3.0

usb_micro_b.jpg photo

Mini USB type-B

デジタルカメラに多く用いられている。

usb_mini_b.jpg photo

Lighning

LighningはApple独自の規格ですが、USBの仲間です。

lightningcable.jpg photo
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました