次期iPad(第5世代)は、A7X搭載でより軽くより薄いものへ

ipadニュース
ipad5like.jpg次期iPad(第5世代)は、現行よりも15%薄く25%軽量化したものになりそうです。すでに報じられているようにベゼルは狭淵で、背面の形状もiPad miniにようになり大きいiPad mini?
現行のiPad Retinaモデルは、重量652g/厚さ9.7ミリ(Wifiモデル)で、次期のiPad(第5世代)は500g/7.5~8ミリとなり重量で25%の軽量化、厚さで15%薄くなりそうです。 このレポートをしたKGI Securitiesのアナリスト・Ming-Chi Kuoによると、
  • サムスン製 A7X(28ナノルール)を搭載
  • カメラは現行機種と同じ
  • カラーはブラック/シルバーの2色でiPad miniと同様のデザイン
  • 生産は8月〜9月頃/li>
主にCPUのアップグレードがメインとなり、前述したように重量/厚さの大幅な改良の他、狭淵ベゼルの採用で幅も小さくなりそうなので、かなり使い勝手が向上しそうな予感! わざわざ現行機種から買い換える必要はないと思いますが、初期iPadや第2世代のユーザーにとってはタイミング的にも買い換えが促進されるのではないでしょうか?
ipad5like.jpg
ラインナップも当然16G/32G/64Gに今年追加となった128Gが用意されるでしょう。DropBoxやSugarSyncなどのオンラインストレージサービスもありますが、第5世代のiPad 64G/128Gあたりが筆者の購入候補です。 発売は生産時期からすると、今年の10月頃ですね。楽しみです。 (via MacRumor)
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました