次期iphone5sはTD-LTEをサポートし、AXGPエリアでも利用できるようになる?

iphoneニュース
次期iphone5sは、TD-LTEをサポートしエリアがさらに広がる可能性が出てきました。 根拠となるのは、ソフトバンクの顧問を務める松本徹三氏が去る6月26日に中国で公演した発表内容による。
26日、中国上海市でおこなわれた「Mobile Asia Expo」で松本徹三氏は、日本の現状としてTD-LTEと100%互換であるAXGPの加入者が約142万人で、iphoneが含まれていないので規模的にはそんなに大きくはないとした。それが今年は爆発的に伸びるだろうと発言しました
ソフトバンクはiPhoneに集中してきたため、Androidがここに及んでいない。そしてiPhoneはTD-LTEをサポートしていない。それが、数字がそれほど大きくない理由だ
 
ただ、今年はおそらくこの数値が跳ねる。理由は言えませんが・・・
iphoneがTD-LTEをサポートするかもしれない理由は、この同氏の発言に中に見いだせる。 今年にも発売されるという廉価版iphoneは中国向けの製品だ。その中国は、TD-LTEが国策となっている。 もう、iphoneがTD-LTEをサポートするのは必須で、問題は国内向けの次期iphone5sが対応するかどうかですが、「AXGPの数値が跳ねる」理由がコレ以外に見つからない。 ソフトバンクのiphoneは、イーモバイルとLTEサポートと含めてトリプルLTEになる可能性が大です。
\タロイモ(管理人)をフォロー/
タイトルとURLをコピーしました