iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

「 アプリ 」 一覧

89件記事があります。
絞込み:
表示順:
  • 2019/03/28

    Apple Newsアプリはどこ? 39

    今、話題のApple News。アプリ自体が見当たらない。AppStoreにもない。いったいどこにあるの?...【続きを見る】
  • 2019/02/11

    カーナビの進化!運転力診断ができる-Yahooカーナビ 125

    カーナビが進化してる。スマホのアプリであなたの運転のうまさ「運転力」を100点満点で診断してくれます。さっそく腕試し!保険にもお得に加入できるかも。...【続きを見る】
  • 2017/02/26

    とんがり帽をかぶった特別なピカチューが期間限定で出現 65

    2月27日はポケモンの誕生日。誕生日を記念してピカチュがとんがり帽をかぶって出てくるぞ。...【続きを見る】
  • 2017/02/24

    LINEニュースがアプリの中でタブとして独立、LINEアプリですべて完結だ。 108

    これまでニュースチェックとしてLINEニュースアプリを使ってましたが、LINEアプリ単独で済みそうです。...【続きを見る】
  • 2017/02/22

    ポケモンGO、トレードやPvP対戦を近日中に実装予定。Nianticのジョン・ハンケCEOが明言 161

    昨年ポケモンGOのリリース時に未実装の機能が、近々リリースされるようだ。その機能とは?...【続きを見る】
  • 2017/02/18

    来た!ポケモンGO過去最大のアップデート? 188

    昨日、案内したポケモンGOのアップデートがキタ! キタ!!...【続きを見る】
  • 2016/10/30

    家でiPhoneをIP電話の子機にするには、「AGEphone」アプリが簡単だった。 6,173

    通話定額にはいっていない場合は、家ではiPhoneを子機にしょう! IP電話なら3分8円で固定電話にかけられます。通話料金節約にはもってこい!...【続きを見る】
  • anytransアイコン
    2016/09/15

    バックアップもiPhone楽曲データの抽出もできるAll In Oneな「AnyTrans5」リリース 544

    いざという時にバックアップが必要になるのは今も昔も変わらない。これまでiPhoneのデータバックアップはすべてiTunesでやっていたが、かわりになるアプリ「AnyTrans」を使ってみる機会をいただきましたので、使い心地なども合わせてレビューしてみた。直感的に使えるAnyTransAnyTransは、iMobie INC.が提供するiPhone/iPadのバックアップ・コピーアプリソフトです。iOSデバイスのデータバックアップをしたり、新規デバイスに直接データを丸コピーできるのはユニークな機能です。起動直後にはホーム画面上に6つの大きなアイコンがあり、目的のアイコンをクリックするだけで作業を開始することができます。動作環境今回使ったのはAnyTrans5で、WindowsやMacで動作します。筆者の環境はWindows10とiPhone6およびiPad Air2でそれぞれ使ってみました。初期画面Lightningケーブルで目的のデバイスを接続後、AnyTrans起動すると下記のようなホーム画面を表示します。もしこの画面にならない場合は、画面上右サイドにある画面切り替えアイコンで切り替えてください(最初は英語表示なので、後ほど日本語表示する方法を書きます)。 AnyTrans5のホーム画面アイコンの機能説明AnyTransの機能は以下のとおりで、それぞれのアイコンをクリックすることで実行します。目的のアイコン動作内容デバイスをマージパソコンにつないだ2台のiOSデバイスのデータをマージします。パソコンへ選択中のiOSデバイスのデータをパソコンにバックアップします。iTunesへ選択中のiOSデバイスのデータをiTunesライブラリーに登録します。デバイスへ選択中のiOSデバイスの選択したカテゴリーをもう一方のiOSデバイスに転送します。コンテンツを追加パソコンにバックアップしたデータをコンテンツとして登録します。デバイスをクローンiOSデバイスのクローン(丸コピー)を新規デバイスに作成します。 対象となるデータが異なるので注意前項でAnyTransでなにができるかわかったことと思いますが、それぞれの機能では下記のように対象となるコンテンツが変わるので注意しましょう。音楽はほぼすべての機能で使用可能ですが、写真関係はデバイスをクローンする以外は、パソコンにバックアップするだけで、パソコンにバックアップしたデータを1つ1つファイル単位としてリストアするしかないようなのでちょっと面倒かも。また、連絡先については直接デバイス間でしかコピーする手段がないことも注意点ですね。 対象コンテンツデバイスマージパソコンへiTunesへデバイスへコンテンツを追加※1デバイスをクローン音楽○○○○○プレイリスト○○着信音○○○○ホームビデオ○○○○○ビデオカメラ○○タイムラプス○○カメラロール○○フォトライブラリー○アルバム○パノラマ○アプリ○○ブックマーク○○○○Safari閲覧履歴○メモ○○○○メッセージ○○○ブック○○○ポッドキャスト○○○○連絡先○○○カレンダ○○ 注目の機能iPhone内の音楽データをパソコンにリストア滅多に使うことはないと思いますが、ものすごく便利な機能がAnyTransにはあります。iPhone内にしかないCD音楽とか楽曲をパソコンにリストア(抽出)することができます。私も何回かやりましたが、それまでつかっていたパソコンが壊れたり新調した場合などで、iTunesを利用できなくなった場合。公式のiTunesでは、パソコンからiPhoneへ音楽を送り込むことはできますが、逆はできません。USB接続するとiPhoneの内容をエクスプローラでのぞくことはできますが、写真データだけです。こういう場合、AnyTransなら“パソコンへ”バックアップ機能で抽出できます。音楽のみならず写真データも抽出できたのは助かりました。あとは、これらのデータをiTunes公式アプリでライブラリー登録すれば、ほかのiOSデバイスにも同期できます。新規デバイスに丸コピーできるAnyTransの特徴的な機能がこれですね。これまでのiPhoneユーザは毎年もしくは2年に一度はiPhoneを新しくしていたと思いますが、連絡先をはじめ旧iPhoneの主な内容(丸々全部ではないようです)が新規デバイスにコピーできます。iMessageのチャット内容なんかもコピーされていました。これは楽かもしれない。今までは大事な大事な旧iPhoneのデータはまずはiTunesでバックアップして、それから新iPhoneをつないで恐る恐るコピー完了を待っていましたが、方向さえ間違わずにやれば一発で新iPhoneにデータやアプリさえもコピーできます。※私の場合、2000枚以上写真がいれてあったので写真コピーまでは確認できませんでしたが…AnyTrans5にはまだ不具合があるかも今回、音楽が正しくコピーできるのは当たり前として、iPad初代に入っていた2000枚以上の写真を新しいiPadに入れてみることにしましたが、前述したとおりデバイスクローンの作成で写真が正しくクローンされたかどうかまで最終的に確認が取れませんでした。そのほか、デバイス間でアルバム内の写真をコピーした場合、またはバックアップした写真をパソコンから新デバイスに移した場合に、写真のタイムスタンプがある一定に日付に固定されるなどの不具合があるようです。タイムスタンプの件をのぞけば、長年iPadの中の写真を整理したいと思っていた夢がかないました。元データはとっくになくなっていたしかといって安易に触って消しでもしたら取返しがつかないので、やるにもやれずに居ました。AnyTransで案外簡単にできたので助かりました。とりあえず使ってみるには無料提供版でこのAnyTransは、https://www.imobie.jp/anytrans/から無料ダウンロードができます。制限事項がありますが、とりあえず使ってみてから購入しても良いと思います。無料版の制限事項無料ダウンロード版には、製品版と比べると 試用期間は7日間。 1日50個の項目転送に制限。 クローンとマージ機能は使用不可。の上記の制限があります。気に入ったら購入もしこれは使えそうだと思ったら以下のサイトからライセンスコードを取得してください。AnyTrans5を購入するAnyTransを日本語化する方法AnyTransをインストール直後は英語表示となっていますが、AnyTransは日本語にも対応しています。画面左上のAnyTransのロゴアイコンをクリックしポップアップしたメニューから日本語を選択すると日本語表示します。 AnyTrans5リリースのご案内...【続きを見る】
  • 2016/04/16

    【熊本地震】今すぐインストール、災害対策アプリを紹介 224

    読者の中にも熊本地震のニュースを聞かれて怖いと思われた方が多い事でしょう。やはり災害には事前の対策がもっとも重要です。今回iPhoneでできる災害対策用のアプリを紹介したしますので、今のうちにインストールしておくことをお勧めします。...【続きを見る】
  • no image
    2016/03/31

    【実践】Twitter画像に説明が入力できるようになりました 96

    3月29日、Twitterは視力が弱い方向けに、画像説明が入力できるようになったことをブログで公表しました。実際に画像入力がどんなものなのかためしてみました。...【続きを見る】

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る