iPhone節約レシピ&ライフスタイルマガジン

「 ios12 」 一覧

9件記事があります。
絞込み:
表示順:
  • 2019/03/26

    不具合修正だけじゃない!- iOS12.2をアップデート 205

    3月26日、米アップルは最新のiOS12.2アップデートをリリースした。12.2は、新しいAir Podsに対応する修正やSafariの検索機能が向上、スクリーンタイムの休止時間が曜日別に設定が可能になるなど、不具合の修正のみではなくいくつかの機能が追加されています。...【続きを見る】
  • 2018/12/12

    iOS12.1.1のモバイル通信に不具合、ベータテストで発覚もそのままリリースか? 899

    アプリが使えなくなった。動作が不安定。もしモバイル通信を使っている際に発生していれば、それはiOSの問題かも知れません。...【続きを見る】
  • 2018/11/13

    サファリのアカウントとパスワード『自動入力』の設定をする 2,000

    iCLoudキーチェーンをオンにしてもパスワードの自動入力は出来ません。この違いも含めて,iOSバージョン間の設定の違いも説明を追加して、正しくパスワードの自動入力を設定できるようにします。...【続きを見る】
  • 2018/11/12

    『iCloudキーチェーン』でデバイス間のパスワード等の情報を同期する 1,009

    複数デバイスを使う場合は、iCloudチェーンを使うといつも最新の状態でとっても便利に使えます。iOS7.0.3以降はiCloudチェーンが使えます。今すぐ設定してくださいね。...【続きを見る】
  • 2018/10/22

    iPhone特有の『画面タッチ操作』をおぼえよう! 152

    今でこそ、iPhoneに似たような画面タッチ機能を備えたスマートフォンが多数ありますが、やはりiPhoneの先進的なキーボードを廃した画面タッチ操作は、他に類を見ない。もし、iPhoneを使うなら何をさしおいても画面タッチを覚えて欲しい。 画像は2017年発売のiPhone8/8 Plus/X(テン)最新のiOS12に準拠本記事は2018年のiPhone XS/XS Plus/XR発売時点の最新の『iOS12のユーザーズガイド』に準拠して製作しています。シンプルかつスムースな操作iPhoneの操作はすべて画面タッチのし方で操作します。この画面タッチのし方は、iPhoneの最新ユーザーズガイドでは『ジャスチャー』といいます。iPhoneには物理的なボタンとして音量の大小ボタンとサイドボタン、サイレントスイッチがありますが、直接に関係しません。またiPhone8以前の機種にはホームボタンがあり、iPhoneの象徴的なコントロールボタンでしたが、昨年から発売されたiPhone X(テン)以降にはこのホームボタンさえもなくなりました。iPhoneの操作を覚えるにはこのジャスチャーの種類を覚えればいいことになります。いろんなボタンやキー操作を覚えるよりは、ある意味非常にシンプルな操作です。ジェスチャーは7つジェスチャーは全部で7つ。えっ画面のタッチで7つもあるのかという思う方がいるかも知れませんが.画面タッチのし方にも1回タッチするのか2回タッチするのか、長押しするのかピーッとスライドするのか、1本指か2本以上の指か等の細かな違いでこのように分かれます。ジェスチャーの基本は画面タッチです。このタッチ操作でも画面に触れること自体をiPhoneではタップといいます。1回タッチするのが『タップ』、2回タッチするのが『ダブルタップ』、タッチしたまま指を動かす『スワイプ』、このスワイプを派生させた『スクロール』操作。2本指でおこなうのが『ズ―ム』。2本指の間隔を広げたり縮めたりで画面の指定ヵ所を拡大・縮小する方法です。以前はタップしたまま指を離さないホールドという概念があったのですが、2015年に発売されたiPhone6sに3DTouch(感圧タッチ)が搭載され、押す強さでも操作が分かれようになり、『プレス』という操作になりました。これらのジェスチャーをまとめたのが次の表です。 タッチ操作説明タップ1本の指で画面を軽くタッチするダブルタップ2回連続でタッチする。間隔は通常1秒間に2回ぐらい。プレス3DTouch搭載モデルでは、1本の指で画面を強く押します。3DTouchが搭載されていないモデルでは、タッチして押さえたままにします。スワイプ画面の上で1本の指を素早く移動します。スクロール画面から指を離さずに、画面の上で 1 本の指を移動します。ズームイン2本の指で広げて画面表示を拡大することができる。ズームアウト2本の指で縮めて画面表示を縮小することができる。これらを図で示すと次のとおり 図1:タップ 図2:スクロール 図3:ズーム 図4:スワイプ写真や地図には特別なジェスチャーを追加!!写真を開いた場合には、最初のダブルタップで拡大、次のダブルタップで標準に戻ります。地図の場合は、ダブルタップしてそのまま上下で地図の拡大・縮小が出来ます。アップル純正マップアプリ以外のGoogleマップでも同様に機能します。ぜひ、試してみてください。実際にオペレーションをやってみよう!起動したばかりのiPhoneはホーム画面を表示していると思います。サファリを起動してインターネットに接続してみましょう。ホーム画面から以下のアイコンを表示して、タップ(”1回軽く押す”)してみてください。サファリが起動すると左図にしめすような画面に切り替わります。そして上部の検索欄に”アップル”と入力してみてキーボードの開くをタップしてください(中図)。iPhoneは自動的に候補を表示してくれます。ここでは、アップルの公式サイトを開きたいのでGoogle検索にある”アップル”を指定します。(右図)。 1.Safariアイコンをタップ 2.上部検索欄に”アップル”を入力 3.iPhoneが自動的に候補を表示見つかりましたね。一番上のアップル公式サイトを選んでタップしてください(左図)。実際に開いたアップル公式サイトがこれです(右図)。現在は10 月19日から予約開始したiPhone XRの予約開始ページが表示されました。 4.Googleが検索結果を表示 5.アップル公式サイトどうですが、無事開けましたか?iPhoneの基本操作編「iPhone特有の画面タッチ操作」は以上です。 https://help.apple.com/iphone/12/#/iph5a0b5b9c5,iOS12ユーザーズガイド「ジェスチャー」 ...【続きを見る】
  • 2018/10/01

    iOS12不具合か? iPadのコントロールセンターが表示しない!? 1,426

    iOSの新バージョンがリリースされるといろんな不具合が発生する。中にはリリース直後のバージョンアップを避ける人達がいるくらいだ。筆者、iOS12にしてからiPadのコントロールセンターが出なくて苦労していました。これって不具合?...【続きを見る】
  • 2018/09/23

    iPhone家族へ、「ファミリー共有」はコンテンツの共有管理もできるし子供も守れる! 2,322

    「iPhoneのファミリー共有」をつかっていますか? iOS12でファミリー共有は一段と進化しました。進化した『ファミリー共有』...【続きを見る】
  • 2018年9月18日iOS12リリース
    2018/09/18

    すべてのデバイスを対象とした最新iOS12アップデートがリリース!! 204

    本日米アップルは、iOSの最新バージョンiOS12のアップデートを開始しました。...【続きを見る】
  • no image
    2018/09/14

    2018年アップルスペシャルイベントを開催! 113

    9月12日(日本時間13日午前2時)に、2018年の新しいiPhone製品発表がおこなわれました。会場は、アップル本社内にあるスティーブジョブズ・シアター。発表された製品群・iPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XR・Apple Watch Series4※iPhone XRを除く製品の予約は9月14日午後4:01 開始!!iPhoneX後継機など新製品を発表今年のiPhoneはiPhone Xの後継機2機種、iPhone XS(テンエス)とiPhone XS Max(テンエスマックス)および通常の液晶を搭載したiPhone XR(テンアール)の3機種が登場。同時に、液晶がワンサイズ大きくなった新型Apple Watch Series4も発表されました。 iPhone XS Max(6.5インチSuperRetinaHD液晶搭載、過去最大の液晶サイズ) iPhone XS(5.8インチSuperRetinaHD液晶) iPhone XR(6.1インチLiquidRetina液晶) Apple Watch Series4(液晶は約30%大きくなって、44mmと40mmを用意)iPhone XS/XS MaxiPhoneXで初めて搭載された有機EL液晶をサイズアップして搭載、iPhone XSは5.8インチにiPhone XS Maxは過去最大の6.5インチのSuper RetinaHD液晶を搭載しましたが、サイズ的にはほぼiPhone8Plusと同等。その心臓部には、最新のA12Bionicチップで武装。注目すべきは両機種ともデュアルSIMを初めて搭載しDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に対応。カラーは3色ゴールド、シルバー、スペースグレイ。内蔵メモリータイプは最大512GB搭載で、64GB/256GB/512GBの3タイプ。カメラはデュアル。iPhone XS(左)とiPhone XS Max(右)iPhone XRiPhone 8の後継機で、液晶は有機ELではなく、これまでのIPS液晶6.1インチ(LiquidRetina)を搭載。iPhone 8の4.8インチよりはかなり大きくなった。最新のiPhone XSが最低11万円以上しますが、液晶の分、シングルカメラ分として価格を押さえ、2万8千円以上安くして販売されます。価格は押さえていますが、そのほかの中身はプロセッサもiPhone XSシリーズと同じA12Bionic、デュアルSIM、FaceIDも搭載しています。かなりお買い得な設定かもしれません。iPhone XRは5カラーiPhone比較iPhone XS MaxiPhone XSiPhone XR液晶6.5インチ5.8インチ6.1インチSuper Retina HDSuper Retina HDLiquid RetinaプロセッサA12Bionicサイズ 高さ157.5mm143.6mm150.9mm幅77.4mm70.9mm75.7mm厚さ7.7mm7.7mm8.3mm重量208g177g194g防水性能IP68等級IP67等級カラーゴールド、シルバー、スペースグレーの3色Red、イエロー,ホワイト、コーラル、ブルーの5色内蔵メモリー64/256/512GB64/128/256GBカメラフロント:TrueDepth 7MPカメラフロント:TrueDepth 7MPカメラリア:デュアル12MPカメラリア:12MP広角カメラSIMデュアルSIM(nanoSIM + eSIM)Face IDTrueDepthカメラによる顔認識搭載Apple Watch Series44世代目のApple Watch Series4では、ディスプレイのサイズが一回り大きくなりましたが、厚さは逆に10.7mmと薄くなっています。大きくなったディスプレイは、44mmと40mmになりました(従来は、42mmと38mm)。Apple Watch Series4には新しく電気式の心拍センサーが加わりました。従来も光学式の心拍センサーがありましたが、不自然な心拍や速すぎる/遅すぎる心拍を検知すると警告が出るようになりました。ただし、既報のとおりこの機能は、アメリカ国内でしかつかえず、日本では使えなさそうです。Series4に搭載されている新しいジャイロセンサーや加速度計により、モーションデータが8倍高速に扱えるようになりました。これらによりApple Watch Series4はユーザーの自動転倒検出機能が搭載され、SOSを送るためのランチャーが起動します。また転んでから60秒間身動きしない状態を検知すると、自動的に救急車を呼ぶ機能も備わっています。予約・発売日iPhone XS/XS MaxおよびApple Watch Series4の予約は9月14日午後4:01より開始、発売は9月21日です。Apple直営店ぉよびドコモ、au、ソフトバンクおよび家電量販店で販売します。予約なしで買える当日在庫があるかどうかは現時点では不明。iPhone XRについては少し遅れて10月19日予約、10月26日に販売されます。iOS12のリリースは9月18日これらのiPhone新製品とともに気になるのは最新のiOS12。iOS12では、ARE機能を使った新アプリ「Measure」で長さを測定できたり、ARのファイル交換用のフォーマットUSDZをサポート。メッセージ、メールなどに含まれるこれらUSDZ形式の3Dオブジェクトをクリックして直接開き、回転させたり、拡大、縮小したりARを見たりすることができます。iOS12にはSiriショートカットが使えるようになります。Siriショートカットは、一連の操作を1つのフレーズで起動出来るようにするものです。既存ユーザーには1つ気になることがあると思いますが、新しいOSになると決まって,古い機種が切り捨てられます。これまでアップルといえでも同様の問題がありましたが、iOS12は、現行のiPhone5Sにも対応しています。さらにバージョンアップすることで処理が早くなることも期待出来そうです。ぜひアップデートしましょう。さて、iOS12のリリースは、9月18日(火)にダウンロードが可能です。予約はお早めに!もう既に先ほどからiPhoneの予約が始まっています。いつもの通り、iPhoneの新製品は予約しないとまず手に入れることが不可能です。人気はiPhone XS Maxの方に集中しがちで、容量別では大きなサイズである512GBの予約が進んでいるようです。予約開始から2時間で既に1ヶ月待ちもでています。当日販売分を期待するのもいいですが、やはり予約して少しでも早く手に入れたいですね。...【続きを見る】

スポンサーリンク

Nーサイドトップ大(336×280)

N-サイドミドル縦2(300×600)

トップへ戻る